英語習得物語 第11話:kindleで洋書多読(LRからLouis Sacharまで)

[この記事は約 6 分で読めます]

kindleの登場で多読環境も変わった

ずっと目標だったTOEIC730点を取ったのは、とても嬉しかったです。385点からここまで、時間がかかったとはいえ、もはや英語学習が生活の一部となって英語に触れることに苦がなくなり、さらに英語でのコミュニケーションも不自由がなくなってきました。

でも、残念なことに、勉強を始めた頃にイメージしていた730点のスキルと、実際に到達して実感する自分の実力にはギャップがありました。「730点て思ったより英語を使いこなせていない」というのが正直なところでした。

kindleと4冊目の英語ノート

2005年当時とこの時2013年で環境が変わりました。上の写真に示したkindle(電子書籍)の登場です。これをどれだけ待ち焦がれていたことか。

そもそも私は学者の教育をうけたくせに、もう読まないと判断した本は基本的にどんどん処分しました。

それは当時の大学教授にも注意されました。学者にとって本は財産ですからね。研究に必要な、何度も見返す必要のある本は保管してましたが(これらも会社勤めしてから処分しました)、そうでなければ保管は基本的に図書館に任せる、というのが私のスタンスです。

そのためデバイス1台で多数の書籍データを保存でき、持ち運びできる、紙のような処分が不要、購入してすぐ読める、というのが私にとってこれ以上ないくらい便利な読書手段でした。

4冊目のノートに書いた読書記録

Amazonのサイトで気になったシリーズは片っ端から購入し、結果的には200冊以上(記録では222冊ですが、古本屋で購入した本も含むので正確な数は今不明)読みました。

といっても入門レベルは数ページですので、1日に何冊も読める量です。でも当時本当にヤケになってましたね。一部の電子書籍は絵本と同じ扱いでkindle paperwhiteでは読めなかったため、iPadで読みました。

書籍はデータで読むのに読書リストは紙(ノート)なのは理由があります。

手で紙に書くことで記録が残るのが目に見えて、自分がここまでやってきた、という自信の裏付けを行うためです。そのためこれまで読んだ本(上記リンク参照)も基本的には紙に書きましたが、それをエクセルに起こしたのが上記リンク先にあります。でもLRのリストまでエクセル化する余裕は今はありません。

このやり方が非効率的なのは承知の上です。エクセルやアプリなどで管理するのも問題ありません。

Leveled Readersでネイティブの表現が学べる

そこで、前回の音読の再出発につづいて、多読の方も再出発しました。これまでご紹介してきた、GR(Graded Readers)という、5—6レベルに分けた使用単語の制限と厳密な文法によって書かれたこれらのシリーズは本当に私にとっては救世主でした。

しかし、もう一方のLR(Leveled Readers)はこれまであえて取り組んできませんでした。

LRはレベル分けはありますが、単語の制限はなくよりネイティブの表現が使われています。それが2005年当時の私にとっては難しいものでした。ただこの時は、もうここまで来たらヤケでとにかく読みまくってやる!という気持ちでした。


I Can Do It! (Sesame Street) (Step into Reading)

セサミストリートのキャラクターが出てきて何ができる(表紙はシュートがうてるよ!)かを説明した本で、まさに初級者向けの本です。

ママのお手伝いで食器を運ぶシーンがあるのですが、ローラースケートを履いて運ぶため結局ころぶなど、ギャグも盛り込まれておりまさにお子様に読み聞かせても楽しめる本だと思います。

このシリーズだけで何冊もあります。


Marley: Strike Three, Marley! (I Can Read Level 2)

Marleyという犬のドタバタ劇です。好奇心旺盛なMarleyは家の中でも外でも大暴れして周囲に迷惑をかけつつも、実は人助けもしているというお話が多いです。これもシリーズで何冊も出ています。電子書籍で半永久的に所有できる(はず)なので、自分の子にも将来読ませてあげたいですね。


Splat the Cat: Splat the Cat Sings Flat (I Can Read Level 1)

Splat the CatというMarleyの猫版でしょうか。こちらもやはりシリーズとして何冊も出ています。小さい子向けの本だと動物が主役なのが多いですね。

多読学習の仕上げに勧めたい児童書・ルイスサッカー

そしてLRともう一つ、ご紹介したいのがルイス・サッカー(Louis Sachar)です。児童書としておすすめなのは他サイトでも同じですが、私も推薦させてください。


Marvin Redpost #1: Kidnapped at Birth?

Marvin Redpostという名前の少年の話で、全8巻あります。Redpostというだけあって自宅のポストも赤いというサブ設定も…小学校に通うMarvinの身の回りに起こるドタバタ劇です。

小学校4年を2回やるという問題児でもありますが、しかしドタバタを通じて「成長」する過程が細かく描写されており、英語学習しながらなるほどこういう表現もあるのか!と話に引き込まれていきます。


Holes

冤罪ではるか遠くの少年院に送られた主人公は、その更生手段として毎日穴を掘らされます。炎天下でわずかな支給の中で厳しい生活をしていくのですが、zeroniという少年との絆を深めていき、ある日穴掘り中に何かを見つける….。

どちらかというと暗い話ですが、そこには友情や大逆転といったストーリーを楽しむ定石が盛り込まれていて、大人であっても十分楽しめる話です。読んで良かったです。しかもこれにはスピンオフの話もあります。


Stanley Yelnats Survival Guide to Camp Green Lake

これがその本です。内容としては、Holeの主人公が例の少年院その他の解説を行います。ですので、本編を読んで興味を持たれたらこちらもお勧めする形になります。


Sideways Stories from Wayside School

Wayside Schoolという、どう考えても一瞬で崩れそうな建物の学校に通う生徒と先生たちの対立の話です。階が変わるとクラスが変わるのですが、それが個性を引き出しています。

またフロアの無い階があって、それが途中から重要な役割を果たします。

ちなみにアニメもあります(Youtubeにあります)。これもシリーズ化しています。

こういう本も読んで、最終的には記録として508冊、単語数500万単語まで達成しました。これが本当に効果的だったかどうかは私もわかりませんが、でもここまでやらないと気が済まなかった!そして500冊を節目として、多読学習も終了します。2005年7月から始めて、2013年11月まで8年強です。

この英語学習記録もいよいよ終わりに近づいてきました。次回はいよいよ、セブ島留学の話です。

※この記事は2015年8月30日に管理人が別の台湾ブログ(2016年閉鎖)で掲載したものです。お見苦しい点もございますが、初回公開時のまま掲載させていただきます。

第10話:中学英語の教科書の音読から再出発
第12話:~そしてフィリピン・セブ島留学へ~
まとめページ「英語習得物語 目次」に戻る