ベルギーの健康保険サービスとフランダースの社会保障

[この記事は約 6 分で読めます]

海外生活にてもしもの際に必要なのが医療です。日本で海外旅行保険に加入するのも良いですが、現地ではどうしたら良いでしょうか?

この記事ではベルギー国内での医療と相互扶助サービス(健康保険)、またフランダース地方特有の社会保障について簡単に解説させていただきます。

相互扶助サービス(ムチュエル)とは

ベルギーの相互扶助サービス(mutual/health care fund)は、医療費を還付してくれる社会保険/国民健康保険のようなものです。ベルギーで就労する人は加入が義務付けられています。

以前の記事「ベルギーで就労した際の給料明細の見方と税金・社会保障」で解説しましたが、ベルギーでは税金と社会保障で給与の約4割を源泉徴収されます。しかし一方、医療費は無料ではありません。しかしこのサービスに申し込むことで実質2割負担になります。

病院でまず実費負担で治療を受けます。そして登録した業者に領収書を送付すると、後日80%の金額が銀行口座に振り込まれるという還付方法です。

※2018.05.16追記:恥ずかしながら、心臓発作で救急車を呼び診察や検査をベルギーで受けました。本記事では80%のお金が戻ると書きましたが、実際には内容によって還付率は異なりました。私の例では救急車が50%の還付率、救急病院では84%など様々でした。詳細は下記の記事も併せてご覧ください。

関連記事:ベルギーでかかった医療費、還付方法と還付金額の例

関連記事:ベルギーで救急車を呼ぶ方法、支払い費用と還付金額

このサービスを提供している会社は複数あります。私の場合は会社から業者を指定(Partena)されて加入しました。料金プランはいくつもありましたが、私は月8ユーロの基本プランとしました。

外部リンク:Contactez les mutualités – INAMI(フランス語による相互扶助サービス会社一覧)

付帯サービスも充実している

このようにムチュエルは健康保険のようなサービスですが、ただの掛け捨て保険とも違います。各業者は健康促進に関係するサービスも提供しています。どのようなサービスが受けられるかはパンフレットに書かれています(英語版あり)。その一部を紹介しましょう。

付帯サービスのパンフレット
サービス内容の書かれたパンフレット
  • ベルギー以外の欧州で支払った医療費も一部還付可能
  • フィットネスクラブ月会費の一部還付
  • 眼鏡代の一部還付
  • 禁煙サポートや各種指定セラピー代の一部還付
  • 各種マタニティーサポート

私の場合タバコは10年以上前に止めましたし、眼鏡も持っていません(日本でLASIKをやった)。スポーツ系とかも苦手なのでこれらのサービスを使っていません。ただ月額を払うよりもこれらのサービスもうまく利用した方がいいでしょう。

フランダース州社会保障の支払い代行

ある日、ムチュエル業者から一通の手紙を受け取りました。

フランダース州社会保障
フランダース州の社会保障加入のレター抜粋(オランダ語)

原文はオランダ語ですので、英訳して読んだところ以下のような内容でした。

フランダース社会保障制度は、健康保険、基礎支援予算、および高齢者への援助の補償からなる、フランダース政府の報酬パッケージです。例えば、長期ケアを必要とする人々は財政的支援を受けることができます。フランダースに住む25歳以上のすべての人は、保険会社を介して毎年フランダース社会保障への寄付を義務付けられています。

正直ショックでした。税金と社会保障で既に4割も引かれているのに、まだ取ります?という感じでした。

疑うようで申し訳ないですが、そういう制度があるならフランダース政府から直接請求が来るべきで、ムチュエル業者から請求が来るのは納得できませんでした。また、私のような外国人に対して本当にサポートが必要になった時、対応してもらえるとは思えないのが本音です。あくまでもフランダース地域へ貢献してくださいね、という内容でしょう。

そこでベルギー在住歴の長い会社の先輩(日本人)にお願いして調べてもらいました。結果的には確かに皆支払っているということでした。以下のリンクが制度説明のソース(英語)になります。

外部リンク:Joining the Flemish Social Protection

上記の外部リンクには指定の保険会社リストがあり、そこを経由して支払ってくださいという内容でした。私は熟考の末、レター発行元の業者(すでに月々の支払いをしている)にお願いしました。同じ会社で一括管理した方が楽だと思ったからです。

ただ、この業者のレターも「他社から弊社に乗り換えるとお得ですよ」という書き方でした。加入した覚えのない業者名(外部リンクに掲載されている正規業者)から変更しませんか?というレターでした。そもそも他業者では支払ってないし、すでに加入していると書かれていた会社にコンタクトをとったら、やっぱり未加入であることを確認しました。変な誘導をしている感じがあり不愉快な気持ちでした。

この支払いはカレンダー年に従います。つまり今年(2017年)7月に引っ越してきた私は2017年分も支払い対象となります。当然2018年分はまた請求されます。先ほどのレターによると、2017年は50ユーロで2018年は51ユーロです。

ブリュッセルやワロン地方にはこの制度はないそうです。

私も海外生活は3年を超えましたが、シンガポール生活では無かった制度なので最初は拒否反応を示しました(シンガポールはアメリカと同じ自由診療で自己責任)。しかし自分の中で「日本の住民税を支払うようなものだ」と咀嚼して受け入れ、支払いました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ベルギー(フランダース)に引っ越される前に、このような制度があることをあらかじめご理解ください。

この記事の内容をまとめましょう。

  • ベルギーの医療は実費負担後、相互扶助サービス経由で還付してもらうことで負担額を減らせる
  • 相互扶助サービスには健康促進に関する金銭サポートもあり、保険料は掛け捨てではない
  • フランダース地方に住む場合は、年会費に相当する社会保障を源泉徴収とは別に支払う必要がある

※この記事は2017年12月時点の情報を基に作成しました。

関連記事:ベルギーで就労した際の給料明細の見方と税金・社会保障

関連記事:ベルギーでの生活費の計算例

まとめページ「ベルギーで就労する人向け移住手続きと現地生活情報まとめ」に戻る