塚田農場シンガポール:日本にはない地鶏コラーゲン鍋が大人気!

[この記事は約 9 分で読めます]

宮崎県日南市 塚田農場、普通の居酒屋と同じくらいの価格で宮崎県の特産物を食べられる、しかもサービスが良い!という口コミで日本では場所によっては3週間前でも予約が取れないと聞くぐらいの人気店ですね。

シンガポールではTsukada Nojoブランドとして、2012年11月に1号店がオープンしました。オープンから約3年が経過していますが、とても大盛況で私は来店するたびに感動します。

私と塚田農場との出会いは、台湾アイドルのウェザーガールズファンの方に連れてきてもらった事です。台湾ブログではあってもやはりこの記事だけは絶対に書かねば!と思い、今回やっと記事にできました。まだまだ掲載したい写真もあるのですが、とても書ききれないため、まずは概要をまとめさせていただきました。

1号店・プラザシンガプーラ

ランチ: 11:30—15:00
ディナー: 17:00—22:00
住所:#03-81 Plaza Singapura, 68 Orchard Road, Singapore (Google Map)

プラザシンガプーラはショッピングモールの名前です。私も最初は何かわからず….シンガプーラってマレー語でシンガポールのことだと後で知りました。

プラザシンガプーラ店

建物の正面入り口にある巨大エスカレーターで上の3階に上がり、左手に進むとお店があります。

プラザシンガプーラはMRT(地下鉄)ドビーゴート駅(Dhoby Ghaut)から直結していること、また現在MRTで唯一3線路が乗り入れているという好立地条件のため、多くの人が集まるとSCだと思います。

私も個人的な意見として、ここに出店する戦略はありだと思いました。人が単純に集まる場所であれば、迷わずオーチャード(東京でいう銀座)か、クラークキー(新宿・渋谷・池袋のような繁華街でシンガポール屈指の飲み屋街)に出すかもしれません。しかし、残念なことにこれらは外国人向けのエリアな感じです。

シンガポール人(特に女性)はあまり飲んでるイメージがありません。そこがなんか台湾と同じで、日本みたいないわゆる居酒屋は現地人に受け入れられる感じではありません。あのワタミですらシンガポールでは料理中心の広告ですし。なので現地に特化するやり方として最初にここで感触を伺う?のはありだと思いました。(技術屋のくせに生意気言ってすみません)

私が行ったときは、17時開店(ランチ有)なのに、15分前にはすでに行列ができてるほどの人気店です。

メモ:二人掛けの席がある(?)ので一人でも来店しやすい。瓶ビールはありますが、生ビールは扱ってません。

2号店・チャイナタウンポイント

ランチ: 11:30—15:00
ディナー: 17:00—22:00
住所:#02-37 Chinatown Point, 133 New Bridge Road, Singapore (Google Map)

チャイナタウンポイントもショッピングモールの名前です。先の1号店からわずかMRT North East Lineで二駅、チャイナタウン駅(Chinatown)直結のSCです。上手くバスが来ればその方が早いです。MRTで反対の出口から出るといかにも中華街的なお土産物屋さんが多数並ぶ街並みが見れます。

チャイナタウンポイント店

チャイナタウンポイント正面から入ると螺旋状のスロープがあり、その脇にいろいろなお店が並んでいるのが見えます。鼎泰豊(台湾好きの方ならもうお分かりですね!)も出店しており、こちらも常に大行列です。

塚田農場はエスカレーターで2階に上がり、螺旋スロープを無視して建物の奥・突き当りにあります。

メモ:現在ある4店舗のうち、予約が可能(5席まで?)な店舗はここだけです。

※注意:2017年4月現在、多店舗でも予約が可能なったという情報もあります。詳しくは各店舗にお問い合わせください。

3号店・ウェストゲート

ランチ: 11:30—15:00
ディナー: 17:00—22:00
住所:#03-04/04A Westgate, 3 Gateway Drive, Singapore (Google Map)

ウェストゲートはシンガポールの西側、MRT East West Line ジュロンイースト駅(Jurong East Station)前にあります。このショッピングモール内には最近東急ハンズがオープンしました!日本の店舗よりも狭いですが、日本のユニークグッズ(Japanese Selection)を扱うお店として、常ににぎわっています。

ウェストゲート店

MRT Jurong East駅から建物の2階に直結しています。エスカレーターで3階に上がり、飲食街の一角に塚田農場はあります。ちなみに隣はラーメンの一風堂さんです。一度食べましたが、ラーメンと餃子で約2000円でした。あと、TKO木下の焼肉屋が別のフロアにあった気がします(なぜここに出店しているかは謎)。

プラザシンガプーラ、チャイナタウンポイントは観光客の方でも来やすいエリアです。なぜならオーチャードやマーライオン公園のあるエリアから近いからです。しかし、この店舗はシンガポール西エリアとしては発展していますが、観光エリアではないため本当にローカルです。

私が滞在していたのはMRTで一駅となり(Clementi)で、日本人学校がありますので、休日など日本語が聞こえることもありますが。会社で残業すると、送迎バスがこの建物の前に止まるので、私からすると一番行きやすい店舗です。

4号店・リャンコート

※2015年10月15日オープン!(Bijin Nabe by Tsukada Nojo @Liang Court)

ランチ: 11:30—15:00
ディナー: 17:00—22:00
住所:#B1-03 Liang Court, 177 River Valley Road, Singapore (Google Map)

リャンコート店

リャンコートは在星日本人ならまず知っている、日本人向けSCです。中にある明治屋スーパーに行けば日本の物はほぼ何でも入手できます。またラーメン屋やサイゼリア、寿司、沖縄料理屋、日本式洋食の店などがあり、日本食が恋しければここに来ればほぼ間違いない、という感じです。そんな中に私が最も恋しくなる塚田農場が新たにオープンしました!

1号店・2号店と同じMRT North East Lineのクラークキー駅(Clarke Quay)から徒歩で約5分、リャンコートに着いたらセブンイレブンを探してください。このセブンイレブン近くの入り口には下りエスカレーターがあるので、それで地下1階に降りてすぐ左手に店舗があります。

こちらは美人鍋の注文が必須となります。開店してすでに一か月、すでにこちらも行列を見ないことが無くなりました。塚田農場ブランドの認知度には脱帽です。

メモ: ボトルキープが可能

看板メニュー:【美人鍋】

看板メニューの美人鍋。地鶏からとった天然のコラーゲンスープはクセがなくスッキリ飲みやすい。

シンガポール塚田農場の看板メニューは、この美人鍋と呼ばれるコラーゲンスープの鍋です。店員さんが言うにはお客様の98%がこれを注文するとのことです。コラーゲン、女性の美肌+グルメ、この戦略は素晴らしい!この鍋を3?6人の家族やグループで食べるのがシンガポール流のようです。もちろん私のようにいつも一人で食べるのもありですが…..

残念ながら日本ではお馴染の宮崎地鶏の炭火焼はありません。また先にも書きましたが、お酒も充実していません。チキン南蛮やスイーツはこちらでも扱っています。

野菜たっぷり。シメの麺もしっかり。

最初、コラーゲンが固形の状態で出されます。IHヒーターにかけると徐々にコラーゲンが液化してグツグツ煮えてきます。ある程度煮えてくると、スープのテイスティングをさせてくれます。また骨付き鶏肉を中から取り出して、他の具材を煮ている間に食べることができます。

具材は骨付き鶏肉、つくね、野菜類、エビ、〆の麺です。麺は卵細麺、もちもち太麺、ライスヌードルから選べます。また途中で味の変化を楽しむために海苔の佃煮を出してくれます。

このスープを飲むと何故か生き返った気がして私は大好きです。

平日ランチも

平日のラーメンランチ。スープは全く一緒ではない。

平日ランチは同じコラーゲンスープを使ったラーメンを提供しています。左にあるトッピングを自分で入れて食べます(柚子はスープの味が変わるため、最後に入れてください)。

私がよく注文した特製チキン南蛮

こういう感じでアラカルトでお食事するのもありです。写真はチキン南蛮です。シンガポール限定、激辛チキン南蛮もありますが、本当に辛すぎて血圧が上がります(いわゆる四川料理の辛さです)。ご興味あればそちらもどうぞ。

塚田農場といえば…あのサービスも

名刺風ポイントカードはシンガポールにもあります。シンガポール旅行の記念にいかが?

ポイントカードが塚田農場の社員名刺になっていて、昇進するシステムは塚田農場ならではのサービスですね。このシステムはシンガポールにもあり、なんとカードが英語バージョンです。上の写真は同じ課長のカードで、左が日本版、右がシンガポール版です。日本のカードでも対応してくれますのでご安心ください。

写真上は塚田農場シンガポールの店舗が記載されている名刺です。店舗のレジにあります。

ローカルスタッフさんが一枚一枚丁寧に描いてくれます

あと塚田農場といえば、食後に出るプレートですね。このサービスはシンガポール人にも好評のようで、私もほかの席で感激している(?)のを見ました(^^; 現地スタッフさんもこれで私の似顔絵を描いてくれました☆

チェキが店員さんとお客様の距離を縮めます

あと、誕生日ドッキリもできます。店内の音楽を誕生日用に変えてくれるサービスもあり、現にシンガポール人の方の誕生日を祝っているシーンも見ました。

皆様もぜひシンガポールにお越しの際は塚田農場にいらしてください!

私も勝手にSG塚田宣伝隊(?)としてこれからも応援させていただきます! (^^;

各種外部リンク

※シンガポール10大鍋に塚田の美人鍋が選ばれました!名実ともにシンガポールを代表する日本食として、胸を張って紹介させてください。

※この記事は2014年10月26日に管理人が別の台湾ブログ(2016年閉鎖)で掲載したものです。