英語習得物語

英語習得物語

【対訳】ラダトーム城より—ドラクエ1で英語を勉強しよう

ドラクエ1の英語解説シリーズ3部作のうち「ラダトーム城編」です。ラダトーム王のセリフ、城内兵士のセリフ、またローラ姫のセリフを英和対訳式で詳しく解説します。ローラ姫は日本語版と英語版でキャラが違い、文化の違いまで勉強できます。
英語習得物語

国際将棋マガジン3で英語を学ぼう—二歩、詰将棋、アジア大会

国際将棋マガジン第3号国際将棋マガジンの英訳をこれまで2回やらせていただき、主にヨーロッパとアジアでの活動を中心に紹介させていただきました。 今回は同誌第3号から記事...
英語習得物語

TOEIC Part 5対策のベストアプリ『文法640問』レビュー

スマホのTOEIC対策アプリはたくさんあり、どれをやればいいのかわからないことがあるでしょう。 この記事では Part 5 対策に特化した『文法640問』をレビューします。有料アプリですが、...
英語習得物語

TOEIC公式アプリでスコアアップできそうか?徹底レビュー

今はスマートフォンアプリで手軽に英語学習ができる時代です。本当に便利でうらやましいです。しかしアプリも情報もたくさんありすぎて、どれを使うのがよいか選べない問題もあります。 そこで10年以上...
英語習得物語

国際将棋マガジン2で英語を学ぼう—藤井聡太、普及活動、急戦

国際将棋マガジン第2号前回の国際将棋マガジン創刊号と、将棋の基本用語を英語で紹介したのは私にとっても面白い試みでした。生きた英語を紹介する題材の1つとして、将棋の国際化...
2019.03.11
英語習得物語

直訳と意訳の違いからわかる翻訳の難しさとバランス感覚の必要性

洋画を観ていて「この翻訳って変じゃない?」と思うことはありますか? 一時期PPAP (Pen-Pineapple-Apple-Pen) の歌詞について「この英語はおかしい」といった書き込みをツイッタ...
2019.01.23
英語習得物語

英単語を克服するコツ、多読による覚え方と必須単語数

単語力を鍛えることをボキャビルといいます。今はスマホアプリで簡単に学習できる環境がありますが、効率を重視すべきでしょうか?それとも楽しく覚えるべきでしょうか? この記事では私が実践した洋書多読による...
2019.01.23
英語習得物語

国際将棋マガジン1で英語を学ぼう—創刊の言葉、歴史、攻防

国際将棋マガジン創刊号カロリーナ・ステチェンスカ女流棋士は国際将棋マガジンを創刊し、英語による情報発信を始めました。 この雑誌を英語の教材として使うことは可能か?生き...
2019.03.11
英語習得物語

将棋用語の英語表現を楽しく学ぼう—駒、ルール、棋譜

日本の将棋界初の女流棋士として、ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカ女流1級が誕生しました。 カロリーナ女流は対局だけでなく、「国際将棋マガジン (International Shogi Ma...
2019.03.11
英語習得物語

英語の発音は矯正すべき?ネイティブ発音が不要な理由と練習方法

日本の英語教育ではネイティブ発音が唯一の正解、という風潮があります。しかし英会話の習得にネイティブ発音は不要です。私も発音記号は忘れましたが、海外での就労に全く問題はありません。 この記事では英語の...
2019.01.23
英語習得物語

『英語の多動力』で英語力は身につくのか?徹底レビュー

英語の多動力ホリエモンこと堀江貴文氏による英語本が発売されました。英語で論文を書き3か国で就労した私からみても、本書はきれいごとを言わないまともな本でした。 この記事...
2019.01.23
英語習得物語

TOEICの取り組み方と参考書を選ぶ際のポイント

私の英語学習のスタンスは「生きた英語を身につけてほしい」の一点だけです。受験テクニックでスコアを上げる方法は本来のやり方ではありません。 そうは言っても、仕事上TOEICを受験しなければいけない人が...
2019.01.20
英語習得物語

TOEIC600点未満の人向けパート別参考書と解答のコツ

TOEIC600点台までは試験対策をしなくても基礎英語力をつければ達成できます。ただ会社でスコアを求められている人にとっては、そう言っていられない実情もあります。 この記事では私が実際に使ったパート...
2019.01.20
英語習得物語

英文は手を動かして読む?理系目線の英文解析と文法学習法

いまや日本の英語教育は「文法=悪」となっています。私も英語コンプレックスになった原因のひとつとして、この英文法教育にあるといってもいいでしょう。 ただ文法自体は悪ではありません。文法は文章の組み立て...
2019.01.20
英語習得物語

洋書多読はディープラーニング?理系目線の多読学習法

洋書多読学習法は以前からあるのですが、最近発達してきたディープラーニング(AI)と比較すると共通点があるように感じます。どういうことでしょうか? この記事ではまず、洋書多読がなぜディープラーニングと...
2019.01.20