ブリュッセルについにオープンした横浜家系「コクラーメン」

[この記事は約 6 分で読めます]
コクラーメン外観

横浜出身の私にとって、横浜家系ラーメンは日本で働いていた時など週1回は食べていたほどのソウルフードです。

ただご当地ラーメンとして全国的な知名度があるわけではありませんし、海外の人にとってなじみのあるラーメンではありません。

この記事ではブリュッセルにオープンした横浜家系ラーメン「コクラーメン」を紹介します。このラーメンの魅力についてたっぷりお伝えします。

ヨーロッパ向けに洗練された横浜家系ラーメン

醤油豚骨ラーメン
豚骨醤油ラーメン (€14)

横浜家系ラーメンとは簡単に言うとこういうラーメンです。

  • とんこつ醤油スープ
  • 短く太めのストレート麺
  • トッピングにチャーシュー、海苔3枚、茹でたほうれん草

上の写真はコクラーメンで提供される標準的な(追加トッピングがない)豚骨醤油ラーメンです。上記の3つの要素を満たしています。海苔は1枚ありますが、黒い器と重なっていて見えないだけです。

味玉(味付け煮卵)はコクラーメンでは標準ですが、日本国内の横浜家系ラーメン店ではどちらかというとトッピングアイテムです。また麺は日本で食べる方がもう少し太いです。

チャーシューは脂身がちゃんと乗っていておいしいです。形状にこだわるなら、日本ではもっと丸い形です。コクラーメンで提供されているチャーシューはパッと見スペアリブっぽいところはあります(食べ応えは十分あります)。

また茹でたほうれん草は横浜家系ラーメンでは必須です。こちらもお店によって個性が出ます。

クタクタに茹でてあるお店とシャキシャキ感の残るお店で分かれます。当店で出されているほうれん草の茹で加減はクタクタ具合がちょうどよくて絶品ですね。お店によってはトロトロになるまで茹でられたものもありますが、私にはこれくらいがちょうどいいです。

写真で見ると、横浜家系ラーメンといっても日本の本場の物よりも相当洗練されています。日本ではもっと男の料理感が前面に出ていますが、ヨーロッパという風土なのか見た目にもこだわっているのかもしれません。

外国に出店となるとどうしてもローカルのお客様の舌に味を寄せる必要があります。まずはお客様に認知してもらい、少しずつ本場の形に修正していけばよいでしょう。

かつて千葉県内で食べた家系ラーメンが似ても似つかない全くの別物だったことにがっかりしたことがあります。それと比べると、当店のラーメンははるかに横浜家系ラーメンと呼べるものです。

横浜出身として「ベルギーで家系ラーメン食べられるよ!」と胸を張って紹介できます。

カスタマイズして自分の味をつくる

カスタマイズした横浜家系ラーメン
豚骨醤油ラーメン (€14) にネギ (+€1) と海苔2枚 (+€1) を追加、スープ濃いめ(日本で食べる家系ラーメンにほぼ近づいた)

家系ラーメンの特長の1つはカスタマイズが可能なことです。トッピングもそうですが、日本ではラーメン本体をこのように選択できます。

  • スープの味の濃さ:薄め、普通、濃いめ
  • 麺の硬さ:軟らかめ、普通、固め
  • 油の量:少な目、普通、多め

私が日本で食べるときはすべて普通にして、そのお店の標準テイストを味わいます。しかし本店で初めて食べたとき「スープは薄いかな?」と感じました。ヨーロッパでは豚骨系はまだまだ浸透していないので、濃いと敬遠されるかもしれません。

ただ日本人スタッフさんとお話ししたところ「スープの濃さは調整できる」とのことでした。

濃くしたスープ
濃いめのスープにすると日本で食べる普通の濃さになる、注文時に指定してみよう

そこで2度目の来店時(上の写真)に「スープを濃くできますか?」と伝えたらそうしてくれました。濃くしたところ私が日本で食べていた普通のスープの濃さに近づいていると言えます。

メニューにスープの濃さが変えられるという記載はありませんでした。ぜひ注文時に指定してみてください。英語でこう注文して伝わりました。

Is it possible to change the soup to strong body? A Japanese staff told me that the soup body is adjustable.

トッピングにはネギがおすすめ

店舗前にあるメニュー
店舗前にあるメニュー

トッピングも横浜家系ラーメンでは普通です。日本では先に食券を購入するお店が多いので、自分のお気に入りのトッピングもラーメンの食券と別に購入します。

当店では以下のトッピングメニューがあります

  • ネギ20g (€1)
  • 海苔2枚 (€1)
  • チャーシュー2枚 (€2)
  • 味玉 (€1.5)
  • 赤玉(辛い玉子) (€2)
  • 潰しニンニク (€2)
  • 枝豆 (€2)
  • わかめ (€1)
  • コーン20g (€1)
  • 唐揚げ2個 (€3)

本当は潰しニンニクをトッピングしたいのですが、私はもう若くないので食べると大変なことになります(笑)。

私がおすすめなのはネギです。日本では辛く味付けされているネギであることが多いのですが、当店で提供されるのは普通の刻みネギです。しかしネギ本来の辛さはしっかりあるので、スープの脂をいい感じで中和してくれます。

また麺と一緒に食べると麺の歯ごたえとネギのシャキシャキ感が絶妙です。実際に日本でもネギをよくトッピングします。野菜不足解消という意味もありますが、豚骨醤油ラーメンにネギは合うのです。

さらに海苔2枚を追加すると、日本で食べる横浜家系ラーメンがほぼ完成です。もちろんこれは私の好みなので、自分の一品をカスタマイズしみましょう。

ブリュッセルのショッピング通りから一本外れた隠れ家的なお店

お店へのルート

お店への行き方です。私は車を持っていないので公共交通機関でのルートです。

※お店の近くにオードリー・ヘプバーンの生家があります。ついでに立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

地下鉄の2番または6番で Porte de Namur 駅で降ります。私は通常ブリュッセル南駅から来るので4駅乗ります。

駅からは徒歩です。この辺りはショッピングストリートなのでにぎわっています。道なりにしばらく歩くと右手にバーガーキングが見えます。そこから少し歩いて左側に入ればお店です。

お店は教会前にある
お店は教会前にある

お店は教会の前にあります。ショッピングストリートから一本脇に入った隠れ家的なお店と言ってもいいでしょう。

【住所】

Rue Saint-Boniface 11, 1050 Ixelles (Google Map)

※ストリートビューの写真はまだ古く、サイゴンというベトナム料理店になっています。今は変わってコクラーメンになっています。ご注意ください。

【営業時間】

月曜日—土曜日:12:00–14:00, 19:00–22:00

日曜日:定休日

横浜のソウルフードである横浜家系ラーメン(崎陽軒のシュウマイもあるけど)、ぜひブリュッセルでもお楽しみください!

外部リンク:KOKU Ramen (facebook page)

外部リンク:家系ラーメン – Wikipedia (横浜家系ラーメンについてもっと知りたい方はこちら)

関連記事:ブリュッセルについにオープンした横浜家系「コクラーメン」

※この記事は2019年5月時点の内容です。詳しくは店舗にてご確認ください。