英語習得物語 第4話:TOEIC400点までに読んだ洋書ベストセレクション

[この記事は約 6 分で読めます]

多読は記録しながら

第2話:英語洋書多読との出会いにて書いたように、私の英語学習の基礎は「多読」でした。たくさんの本を読んで、英文パターンを頭に叩き込みました。

2005年当時の手書き多読記録ノート
2005—2006年当時の私の英語多読記録手帳

当時の学習手帳です。左から:何冊目、本のタイトル、シリーズ名、読みやすさレベル、単語数、感想、の順に記入しています。この小冊子は2005—2006年当時、一般の書店にて無料で配布されていました。現在は推奨本リストがついて有料になっています。

今回は米国学会発表をした2005年12月、TOEIC385点(約400点)ごろまでに読んだ洋書の中でも、私がいまだに記憶にある本を紹介したいと思います。ちなみに、このころまでに記録では130冊(単語数約50万)を読んでいます。

多読の初期はGRだと続けやすい

初級者用の本としては、このブログで取り上げるGR(Graded Readers)とうシリーズがおすすめです。このシリーズの特徴は、使用する単語を制限しいます。なので、ネイティブからすれば明らかに稚拙な表現です。

ただし、ストーリーを楽しむことが必要なので、最初の頃は気になりません。本を読み切る楽しみさえ得られれば、次から次へと読みたくなります。

ここで挙げたGRの中では、出版社別にこのようなシリーズがあります。

  • PGR: Penguin Readers (Longman)
  • OBW: Oxford Bookworms (Oxford University Press)
  • CER: Cambridge English Readers (Cambridge University Press)

いずれも初心者から上級者向けまで幅広く読めるものです。文法も正確なので読みやすいです(それに慣れた代わりに、私はあとで文法の雑な文になれるのが大変でした)。

もちろん、すべてのお話が面白かったわけではありません。中には「全然意味不明」と書き残した本もあります。でも内容を理解して、それで面白いかつまらないか判断できるようになると、ワンランクアップしたと判断することができます。そこまで英語で英文を理解したということですから。


Penguin Readers: Easy Starters LUCKY BREAK (Penguin Readers, Easystart)

私の読書ノートより:足をけがしている主人公のTOMは、映画館で女性とトラブルを起こす。彼は新聞で有名になり、彼の松葉づえが売れる。

私の記憶より:主人公のTOMはアメフトをプレイ中に足をけがします。そして新聞に載った後、アメフトの試合を見に行ったときに、松葉づえが売れてハッピーエンド(?)となる。要するに、ビジネスは考えようだ、というアメリカ的な考えを教えたかったのかな?(^^;

まさかそんな展開になるとは知らずに読んだため、今でも覚えている作品です。これは単語数900の超初級者向けの本です。

私の読書ノートより:Loganは初仕事として女性の殺人事件を担当する。ブローチを利用した夫がほかの人に罪を着せようとしたが、失敗する。


Inspector Logan (Cambridge English Readers:Level1)

私の記憶より:Loganという女性が事件解決に臨むミステリーです。わずか4200単語なのですが、事件は解決するのでストーリーにちゃんと見せ場があります。しかも事件を解決する前と後でLoganに対する周りの反応に変化が…そういう細かい表現まで英語で理解できたとき、洋書を読む楽しみが増えました。

この本はシリーズになってますので、次回作(英語レベルが上がる)を楽しみに勉強することもできます。

また、ミステリーではこんな作品も読めます。


Penguin Readers: Level 3 SHERLOCK HOLMES AND THE MYSTERY OF BOSCOMBE POOL (Penguin Readers, Level 3)

シャーロック・ホームズです。先のInspector Loganよりもはるかにレベルが上がってますが、それでも使用する単語数は制限されています。ただレベルが上がるにつれてより本格的な話も読めるようになると、モチベーションアップにつながります。これは単語数7800で、レベル3くらいです。


Einstein: Champion of the World! (Skyracer Blue)

ここでいうアインシュタインは、偉人ではなく猫の名前です。猫を中心としたドタバタ劇です。やや難しかったとあるので、当時は難しかったのでしょう。タイトルのインパクトで覚えてます。これもシリーズとして何冊かあります。

映画を題材にした本は読みやすい

このように映画などの話を読みやすく書き直された作品はたくさんあります。


The Wizard of Oz (Oxford Bookworms Library) CD Pack

言わずと知れた「オズの魔法使い」を簡単な単語とストーリーを短くしたものです。単語数は5,863ですが、ストーリーを知っているだけで、だいぶ楽しく読むことができます。また、知っている話を「こういう表現をすればいいんだ」と発見があります。そうなると自分の表現パターンを一つ得たことになりますね。

ほかにもこのような作品が提供されています。


The Titanic: Lost…and Found : Step 4 (Step Into Reading)


*RAIN MAN PGRN3 (Penguin Readers: Level 3)


Penguin Readers: Level 3 FORREST GUMP (Penguin Readers, Level 3)


Fly Away Home (Penguin Readers Level 2)

これらは全て読みました。中でも「Fly Away Home」は日本語では「グース」という名称です。最後のグースと一緒に空を飛ぶシーンは、やさしい単語でもこちらの想像力を掻き立てるには十分な表現となっており、読んでいてワクワクしました。

こういう本と巡り合えば、英語で本を読むことがどんどん楽しくなってきます。

次回は、多読と並行して始めた「音読」についてです。音読をTOEICが95点上がりました。

※この記事は2015年1月24日に管理人が別の台湾ブログ(2016年閉鎖)で掲載したものです。お見苦しい点もございますが、初回公開時のまま掲載させていただきます。

※多読の効果的な学習方法について、さらに詳しく解説した記事を公開しました。こちらも併せてご覧ください。

関連記事:洋書多読はディープラーニング?理系目線の多読学習法

第3話:TOEIC385点で米国学会発表
第5話:25歳で英検を初受験
まとめページ「英語習得物語 目次」に戻る