TOEIC問題集を解きまくって850点!一番の対策は実践

[この記事は約 13 分で読めます]

私が続けた英語学習のほとんどは、TOEIC対策よりも多読や音読といった実践でした。しかし海外就職を実現するために履歴書の見栄えを良くする必要から、英語学習の仕上げとしてTOEIC対策もやりました。

この記事ではTOEIC対策として2つのポイントを紹介します。1つは公式問題集を解くこと、もう1つは試験当日で自分の力を最大限に使うためのテクニックです。実際にこの対策で850点を取得しました。

TOEIC対策も公式問題集や模擬試験を通してやるような「実践」が大切です。

TOEIC公式問題集の使い方

公式問題集こそが最高のパートナー

公式問題集が一番信用できる

まずは厳しい現実をお伝えしなければいけません。

英語の試験にまぐれのハイスコアや合格はありません。

テスト全問を通じて1問くらいラッキーで正解することはあります。しかし何問も連続で正解することなどまずありえません。

私自身、15回以上TOEICを受験して、ラッキーでハイスコアが出たことはありません。自分の実力が結果に出ると断言できます。

そのため、問題集にも選び方があります。たくさんの教材をあれこれ買わずに、これだと思う問題集だけを購入して何度も解くのがスコアアップへの近道です。

市販の問題集はたくさんありますが、やはり公式問題集です。英検も同じですが、TOEICも試験対策であれば、必ず公式問題集をやりましょう。理由は簡単です。出題元が提供している問題集が一番信用できるからです。

関連記事:英語習得物語 第5話:25歳で英検を初受験(英検も過去問をひたすら解いて合格したおはなし)

TOEICは公式問題集が定期的にシリーズとして出版されているので、このシリーズだけを購入して解けば十分です。

なぜ間違えたのかを理解しないとスコアは上がらない

購入した問題集は裁断するなどしてばらしましょう。

もったいないかもしれませんが、これには理由があります。この問題集は模試(本番の試験のように問題全体を構成したもの)を数回分まとめた本です。この模試を1回分ずつに仕分けてクリップで留めます。

すると数回分の模試セットができます。これらのセットをランダムに並べて、「今回はこのセットを解く、次回はあのセットを解く」という風に実際の試験を解く訓練をしましょう。各模試をやるときは必ずタイマーをセットして、実際の試験時間で解いてみましょう。

模試セットは一度解いて終わりではありません。数日から数週間後、同じ模試をもう一度全体を通して解いてみましょう。結果は前回と同じになる可能性があります。

なぜでしょうか?これにも明確な理由があります。

同じ問題で間違えます。

私自身、同じ模試セットを2度(2回目は1回目の4日後)解いてみてわかりました。実力が上がらない限り、同じ問題で間違えるのでスコアが上がらないのです。

たまたま間違えたのではなくて、間違えた根拠があって間違えるのです。

  • 単語の意味をきちんと理解していなかった
  • 文法に誤解があった
  • 本来の意味とは違った用法があることを知らなかった

など、何かが足りなくて間違えたのです。

いちど間違えた問題は、なぜ間違えたのかを必ず復習して理解しましょう。これがスコアアップへの最短距離です。解ける問題を何度もやる必要はありません。時間の無駄です。

間違えた問題だけを集めて自分だけの問題集を作ろう

解ける問題を何度も解くのは時間の無駄と説明しました。何度か解いたら次のステージとして、効率アップが必要でしょう。

同じ問題集を何度も解くと、どの問題を何回間違えたのかがデータとして集計できます。そこで、何度も間違えた問題だけを切り抜いて集めて「自分だけの問題集」を作りましょう。リスニングの問題は編集が難しいので、リーディングの問題集だけでも作ってみましょう。

※私が実際に作った自分用問題集の写真は、この記事の後半「私がTOEIC850点を取れた時の具体的なおはなし」で紹介します。

何度もと書きましたが、できれば1回でも間違えた問題は自分用問題集に採用したいところです。たまたま間違えた可能性もありますが、そこには誤解答をした理由が(その時は気づいてなくても)あるかもしれません。やはり厳しい目で問題集に取り組みたいところです。

この方法にも問題点はあります。そもそもスコアが低いと、間違えた問題の方が多くなり自分用問題集のボリュームが多くなってしまいます。

私がTOEIC対策を始めたのは既に750点の頃だったので、幸いにも解けた問題より間違えた問題の方が少なかったのです。そのため1度だけでも間違えた問題を集めても、それほどのボリュームにはなりませんでした。

トータルスコアが低い(目安として600点未満)のであれば、いきなり問題集をやらずにパート別の対策本をやるか、基礎英語に力を入れましょう。

パート別の対策本については今後別記事で紹介する予定です。基礎的な英語力については、私が実際にどうやって身につけたのかを物語形式で紹介しています。

関連記事:英語習得物語 目次

公式問題集だけで何とかなるのか?

問題集に出ない単語がもし試験で出た場合は攻略できないのでは?と思われるかもしれません。しかしその心配は不要です。

問題集に出てくる単語をすべて理解できるのであれば、あなたの語彙力は既に十分あります。TOEICでは英検のような高度の単語力は求められません。私自身知らない単語があっても850点をとれています。

その代わりにTOEICでは単語の言い換えが求められます。言い換えは基本的に簡単な単語の組み合わせで対応できるので、基礎英語力と公式問題集だけで対応できます。

それ以上にTOEICに求められているのは「日常生活やビジネスの場で出てくる英文をその場で(すぐ)処理できる能力」なのです。

私がフィリピンに語学留学した記事から一例を紹介します。TOEIC800点を半年で取った台湾人の生徒が、地球温暖化のディスカッションについていけませんでした。専門的な意見を求められる話題や、CNNやBBCなどニュースでは背景となる知識や情報(特に世界情勢)を知らないと対応できません。洋画やニュースを字幕なしで視聴するのは今でも難しいです。

関連記事:英語習得物語 第12話:~そしてフィリピン・セブ島留学へ~

そういう意味でも、公式問題集に出てくる単語や文章のパターンが網羅できていれば試験対策としては十分です。使いこなす英語と試験の英語はとりあえず切り離して考えましょう。

試験当日に活かすためのパート別攻略法

リスニングは先読みと「指」で選択肢を絞って総合的に解答する

リスニングはナレーションが待ってくれないため、その場の決断力でどんどんマークしていかなければなりません。そして、問題用紙・解答用紙ともに解答マーク以外の書き込みができません。この点を踏まえてどう解答するかが攻略ポイントです。

先読みは中村澄子先生が提案されている方法です(中村澄子 『新TOEICテスト スコアアップ135のヒント (祥伝社黄金文庫)』 祥伝社 (2010) p.98)。リスニングで高得点を取るためには必須の対策です。

リスニング試験中に流れるナレーションの間に、問題と選択肢を先に読み予備知識をつける方法です。

ナレーションは問題文の読み上げだけでなく、「次のページに行ってください」や「次の会話を聞いて問題に答えてください」といったガイドが流れます。これらのガイドのアナウンス中に設問と選択肢を先に読んでおくことで、会話のアナウンス中に解答しやすくする(すぐマークする)のです。

この方法は特にPart 3の会話とPart 4のナレーションで活かせます。

私の場合は先読みだけでも解答が大変だったので、さらに工夫を加えました。

リスニング対策(イメージ)

右手は常に筆記具を持ち、解答用紙のマーク欄の上でいつでもマークできるように待機させました。

左手は問題用紙のページをめくるとき以外は、問題文や選択肢を指でなぞるか、おさえるかしました。問題文をなぞることで設問内容をよりよく理解したり、正答候補を指で押さえておいて忘れないようにしました。Part 3と4はここまでしないと解答が難しかったです。

Part 1と2は選択肢が問題用紙に書かれてないので、この方法は使えません。その代わり、左手はテーブルの下で指を曲げて正答候補を記憶しました(例えば親指はA、人差し指はB、中指はCなど、自分の曲げやすい指で)。

選択肢のアナウンス中にAが正しいと思ったら一旦親指を曲げます。そしてそのまま他に正しい選択肢がなければそのままAをマークします(もちろん右手は解答用紙上でいつでもマークできるようにスタンバイしています)。もしBかCが正しいと思ったら、親指はキープするか戻して、人差し指か中指を曲げてメモリをアップデートします。

そして、選択肢のアナウンスが終わるまでに曲げた答えの指のどれかを右手でマークします。あとは決断力です。マークしたら右手は次の解答欄でスタンバイします。

周りから見たら私はロボットだったかもしれません。それくらい私のリスニング力は本当に弱く、Part 1の4つの選択肢ですらアナウンス中に自分の答えを忘れてしまうのでした。

リーディングパートは時間配分し、制限「時刻」で解く

これもTOEIC対策本ではよく取り上げられている「時間配分」です。

リーディングは自分の好きなところから解答したり、解答の見直しが可能です。ただし実際には時間が足りずに全問解答できずに試験終了になります。見直しする時間はほとんどないため、限られた時間でどんどん解答する必要があります。

私はPart 5、6、7の順番で解答し、途中で前の問題に戻らない正攻法でいきました。ただ時間内に全問マークできるように、試験本番前から各パートに制限時間を設けて、その時間内で解く訓練をしました。

TOEICは毎回リスニング45分、リーディング75分、合計2時間です。試験開始時刻と終了時刻は受験票に書かれているので、リーディングテストは何時から何時までか事前にわかります(基本的には13:45–15:00のはずです)。

事前に決めた各パートの制限時間は、試験当日「何時何分までに終わらせる」という「時刻」に変換できます。Part 5と6は必ずこの制限時刻までに終わらせるようにしましょう。

リーディングは時間配分が必要

試験当日は自分の腕時計だけが時刻を知る方法ですし、頭の中にストップウォッチを作るのは至難の業です。逆にその制限時刻よりも早く終われば、Part 7に費やす時間が長くなりハイスコアを狙うチャンスになります。

2016年5月から始まった新出題形式はPart 5が30問、Part 6が16問、Part 7が54問です。一つの時間配分の提案として、このような時間配分はいかがでしょうか。

  • Part 5を11分以内(20秒/問)
  • Part 6を8分以内(30秒/問)
  • Part 7を54分以内(1分/問)

この計算ではまだ2分余りますが(11+8+54=73分)、この2分は各パートの調整用かもしくはPart 7に費やすのはいかがでしょうか。新試験ではPart 7にトリプルパッセージがあるため、Part 7に費やす時間が以前よりも長くなるはずです。

例として、リーディング試験が13:45–15:00の75分とします。この場合、制限時間を時刻に変換するとこのようになります。

  • Part 5を13:45–13:56の11分間で解答
  • Part 6を13:56–14:04の8分間で解答
  • Part 7を14:04–14:58の54分間で解答
  • 残りの2分は見直し用もしくは15:00までPart 7を解答

このように、試験会場では腕時計で残り時間を確認するので、時刻ベースで解答のペース配分ができます。

私が850点を取れた時に実際にやったこと

私が最後にTOEICを受験したのは2016年、出題形式の変更前です。そのため少し古い情報もありますが、新形式でも対応できるように合わせてお話しします。

まずは公式問題集を集めて模試セットを作りました。改定前の公式問題集はVol.1からVol.6までありました。ただVol.1は既に販売終了、Vol.6は発売前だったので、Vol.2からVol.5までの4冊を購入しました。

新形式になってからは本記事の執筆時点(2018.06.01)で同じく4冊出版されています。一冊で2回分の模試が入っているため、計8セットの模試を用意できます。

私はさらに英語版の問題集も購入しました。私が購入した本は旧出題型式なので紹介できませんが、2019年に新出題形式版を発売予定とのことです。発売の際に紹介できればと思います。

以上、日本語版4冊と英語版1冊で5冊、トータル10セットの模試を用意しました。

これらの模試は各2度、3日から1週間空けて解きました。TOEICの受験日までの2週間で計20回模試をやったことになります。

この時私はフィリピン留学から帰国した直後でした。フィリピンで風邪をこじらせて帰国したので、留学したことが無になるのではないかと不安でした。さらに仕事も辞めて転職活動中だったので、なんとしてでも800点以上をとりたいという焦りもありました。

実際には面接などが入らなければ一日空きました。そういう日は午前・午後にそれぞれ1回ずつ模擬試験を通しでやり(リスニング・リーディングすべて)答え合わせをしました。解けなかった問題はもちろんなぜ間違えたのかを復習しました。

私の場合は時間があったので短期間で集中して対策ができました。ただ普通の社会人であれば時間の確保が大変です。私からの提案は、平日にリスニングかリーディングのどちらか一方をやり、休日にリスニングとリーディングを通してやるのが良いでしょう。

大変ですが、毎日何かしらの形で続けることが大切です。継続は力になります。少しずつ積み上げていきましょう。

試験当日、体調は万全ではありませんでしたが会場では力を出し切りました。もちろん先ほど説明した対策(先読み、指曲げ、時間配分)はすべてやりました。

試験の結果は850点(L430/R420)でした。

セブ島留学中のベストスコア780点から70点アップ、留学前のベストスコア750点からは100点アップ!何とかフィリピン語学留学当時の目的を達成することができました。

リーディングだけ、模試で解けなかった問題は切り貼りして集めて転職先のシンガポールに持っていきました。シンガポールでTOEICを受験する際に使用しました。

実際に作った自分用問題集
実際に作った自分用問題集

写真の左側はPart 5、右側はPart 7のダブルパッセージです。Part 7は複数の設問がありますが、そのうち1つでも間違えればこのように自分用問題集に入れました。

この自分用問題集も何度も解きました。解けた問題は正の字をつけていき、3回以上解けた問題は丸をつけてそれ以上は解きませんでした。

写真の通り、これだけやっても丸のつかない問題があります。自分では復習して理解したつもりでも、全問正解には及びませんでした。ただこれらの問題を解けなくても、シンガポール生活に支障はありませんでした。

そして最終的に870点(L445/R425)を取ることができました。

20歳の時に245点を取ってから14年、スコアを600点上げることができました。途中浮き沈みはありましたし、時間はかかりすぎたかもしれませんが、諦めなければできるという点はこのシリーズで紹介できたと信じてやみません。

まとめ

TOEICは年に何回でも受けられるのに、実力がスコアにきちんと反映される試験です。小手先のテクニックを否定しませんが、やはり自分の本来の力を出し切って取ったスコアほど嬉しいものはありません。この記事で紹介した方法がお役に立てればこれ以上の喜びはありません。

以上、この記事の内容をまとめましょう。

  • 公式問題集を何度もやり、何度も間違えた問題は「なぜ間違えたのか」を理解する。
  • 効率アップのため、解けない問題だけを集めて自分用問題集を作る。
  • リスニングパートは先読みと「指」で選択肢を絞って総合的に解答する。
  • リーディングパートは時間配分し、制限「時刻」で解く。

関連記事:中学英語はフィードバックが大切?理系目線の音読学習法

まとめページ「英語習得物語 目次」に戻る